ハゼのお刺身 - 釣り初心者日記

記事一覧

ハゼのお刺身

今日釣ってきたハゼを「お刺身」にしてみたのでその工程を紹介してみます。

自己流なのでこれでいいのかどうかは定かではありませんが
とりあえず我が家ではこうやってお刺身にしてみました。

※残酷な写真もあるのでご了承ください※

今日は釣果がイマイチだったので8匹しかいないのが残念ですが
まずは釣ってきたハゼを塩で滑りを取り水洗いします。

DSC_0139.jpg

そして鱗を落とすところまではいつもと一緒ですが
今回はハゼドン達を背開きにして捌いてみました。

hazesasi1.jpg
(写真左上)背中を手前にして横の胸ヒレに包丁を入れ中骨の手前まで切り込みます。
(写真右上)そこから尻尾の方に中骨の上を沿わせて包丁を入れて行きます。
(写真左下)このように開いたら反対側の胸ヒレからも包丁を入れ、そのまま頭を取り除きます。
(写真右下)お腹のヒレとワタを取り除いて水ですすいで、こんな感じの背開き完成です。

このまま天婦羅や唐揚げでも良いですのが、ここから中骨を取り除きます。

hazesasi2.jpg
(写真左)開いた面を下にして、中骨の上を沿わせて包丁を入れて行きます。
(写真右)これが中骨を尻尾まで取り除いた状態。

これで以前紹介した中骨無しの「ハゼの開き」の完成です。

ちなみに、この中骨をカリカリに揚げると
スナック菓子みたいで美味しいですよ。

で、今回はここから「ハゼのお刺身」を作ってみたいと思います。
・・・・・と言っても、皮を剥すだけなのですが・・・(笑)

hazesasi3.jpg
(写真左)そのまま皮を摘んで剥しても良いのですが、身が崩れやすいです。
(写真右)皮を下にして尻尾の方から包丁の背を使って皮を削ぐと身崩れしにくいです。

かなり慎重に作業しないと身がボロボロに崩れてしまうので、ここが正念場かも知れません。

・・・で、完成です。

hazesasi4.jpg

今日の釣果のハゼ8匹とセイゴ3匹は全部お刺身にしてみました。
冷蔵庫に大葉があったので、ちょっとそれっぽく盛り付けてみました。

hazesasi5.jpg

左側が「ハゼの刺身」で、右側が「セイゴの刺身」です。
両方とも白身魚なので見分けが付きにくいですよね(涙)

ハゼの方が「コリコリ」「プリプリ」した感じの食感で個人的に美味しく感じました。
が、その食感とは裏腹に捌いている時に意外と身崩れしやすいです(苦)

・・・けど、「酒のつまみ」には最高かもです(喜)



関連記事


にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

プロフィール

kichikota

Author:kichikota

横浜を拠点にした初心者釣行日記
何でもありのデタラメ釣りです。
カミさんや愛犬フールも同行します。

アクセスカウンター


Unique Users


Page Views


リンク

アクセスランキング


ランキング集計結果

最新トラックバック

SPONSORED LINK



Twitter