ハゼのお持ち帰りって - 釣り初心者日記

記事一覧

ハゼのお持ち帰りって

今までは、釣った魚は全てリリースしていたのですが、
このハゼドン達は自分で調理(捌く事も)出来そうなので
お持ち帰りする事になったんだけど、どうやって連れて帰るのが
一番ベストなのかいろいろと悩んでいました。

Dsc02942

今までは上の写真のようにバッカンに海水を入れ、釣ったハゼドン達をキープして
なるべく「生かしたまま」連れて帰ろうと、帰る間際に海水を全て交換し
水は半分程度にしておいて、こぼれない様にしてお持ち帰りしていました。

でも実際、家に付く頃には半分は逝ってしまうし
生きたまま捌くのも結構暴れて大変だし・・・
(南無阿弥陀仏)

木更津で声を掛けてくれた「ベテランハゼ師」さんたちは
そのままビクに(常温で)入れて持ち歩いていたので、
バッカンの水を始めから半分程度にして釣ったハゼドンを
ポイポイ入れそのまま連れて帰ってみたところ
意外と痛んでしまったようで、水は臭く濁ってしまい
食べた時もちょっと臭みがあるような感じでした。

今度は「クーラーボックス」に氷だけを入れて
釣ったそばからその中に入れもって帰ったところ、
ハゼドン達が「クネクネ」に曲がった状態で
半冷凍(チルト)になっていて捌きにくかったし・・・(苦笑)

調べてみるとハゼは「氷締め」というのが一番いいらしく、
「氷」だけでなく「海水」も入れて「氷海水」を作って
釣ったハゼドンをその場で冷水に放り込んで、
その場で冬眠(昇天?)させてしまうのです。

Dsc_0201

この「氷締め」で持って帰ったハゼドン達は臭みも無く
クネクネにも殆どならず、捌くのも楽チンでした。

いちいち氷を持ってハゼ釣りに出かけるのも
木更津のハゼ師さん達に笑われそうですが、
せっかく釣ったハゼドン達です、美味しく頂きたいです。




関連記事


にほんブログ村 釣りブログ 初心者アングラーへ
にほんブログ村

SPONSORED LINK

プロフィール

kichikota

Author:kichikota

横浜を拠点にした初心者釣行日記
何でもありのデタラメ釣りです。
カミさんや愛犬フールも同行します。

アクセスカウンター


Unique Users


Page Views


リンク

アクセスランキング


ランキング集計結果

最新トラックバック

SPONSORED LINK



Twitter